文化遺産オンライン

見返り美人図

みかえ びじんず

作品概要

見返り美人図

みかえ びじんず

絵画 / 江戸

菱川師宣筆

江戸時代・17世紀

絹本着色

縦63.0 横31.2

1幅

銘文:「房陽菱川友竹筆」(墨書) ; 「菱河」(白方瓢形印) ; 「半面美人図 菱川師宣筆 房州保田産祝髪 号友竹」 ; 「帝国博物館美術部」 ; 「文化七年庚午初冬 醒ゝ斎鑒定」 ; 「山東庵」 ; 「廿九/半面美人/ひし川/師宣」

緋色の衣裳をまとった美人がふと見返る一瞬を描いている。縫箔師であった師宣の描く艶やかな衣装の女性像は「師宣の美女こそ江戸女」と賞賛され人気を博した。落款の「房陽」は出身地房州(千葉)、「友竹」は晩年の雅号である。ルビ:ひ ぬいはくし らっかん

見返り美人図をもっと見る

菱川師宣筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

師宣 / 菱川 / Moronobu / Hishikawa

関連作品

チェックした関連作品の検索