文化遺産オンライン

吉原の体

作品概要

吉原の体

絵画 / 江戸

菱川師宣筆

江戸時代・17世紀

12枚

菱川師宣は、安房国保田(現在の千葉県鋸南町)の縫箔師の家に生まれた。俗称は吉兵衛、師宣はその画号で、晩年は薙髪して友竹と号した。版本挿絵から一枚摺りの版画を独立させ、浮世絵の祖とも称される。「吉原の躰」はその代表作。肉筆画も数多く描いた。

吉原の体をもっと見る

菱川師宣筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

師宣 / 菱川 / Moronobu / 吉原

関連作品

チェックした関連作品の検索