文化遺産オンライン

短刀(名物 毛利藤四郎)

たんとう(めいぶつ もうりとうしろう)

作品概要

短刀(名物 毛利藤四郎)

たんとう(めいぶつ もうりとうしろう)

その他 / 鎌倉

粟田口吉光

鎌倉時代・13世紀

1口

粟田口吉光は鎌倉時代に活躍した山城国の刀工である。通称を藤四郎といい、これは小板目(こいため)の美しい地鉄(じがね)に細直刃調の刃文(はもん)を焼き、護摩箸(ごまばし)と呼ばれる樋を彫っている。毛利輝元の愛刀で、輝元から家康へ贈られたとされ、のち池田光政が拝領し、明治14年に同家から皇室へ献上された。

短刀(名物 毛利藤四郎)をもっと見る

粟田口吉光をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

藤四郎 / 吉光 / 名物 / 短刀

関連作品

チェックした関連作品の検索