短刀 銘 吉光 名物信濃藤四郎吉光 たんとう めい よしみつ めいぶつしなのとうしろうよしみつ

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 / 鎌倉 / 日本 

吉光
よしみつ
山形県鶴岡市
鎌倉末期
短刀・平造り
長8寸2分5厘(25.0cm)
1口
山形県鶴岡市
指定:1950(昭和25).8.29
致道博物館
重要文化財

古来、吉光は、相州の新藤五国光と並んで短刀の名手として名高い。吉光は京の粟田口派の終末の名工であり、豊臣秀吉の蔵刀で今は焼き直しになっている、有名な「一期一振」という太刀を除いては、すべて短刀である。それらの短刀の姿は、比較的多様であり、この短刀は、やや大振の類に属し、小板目がよくつんで、地沸のついた地がねは美しく、小沸出来の中直刃はよく冴えて、気品がある。同作の中では、特に地刃が健全である。名物の由来は、徳川家康の重臣、永井信濃守尚政の所持であったことによる。3代酒井忠勝の代に酒井家に移り、同家に伝来した。
平造、三つ棟、重ねやや厚い。鍛えは小板目つみ、地沸つく。刃文は中直刃、匂口締まりごころに小沸よくつき、沙える。帽子は小丸、先僅かに掃きかける。彫り物は表・裏に護摩箸。茎は生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘穴二、内一つ埋める。鎌倉末期、長さ二五cm、内反り。

作品所在地の地図

関連リンク

短刀 銘 吉光 名物信濃藤四郎吉光チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短刀〈銘吉光(名物後藤藤四郎)/〉
短刀〈銘吉光/〉<BR/>附 腰刀拵
短刀〈銘国光(名物会津新藤五)/〉
短刀〈無銘正宗(名物庖丁正宗)/〉
短刀〈無銘貞宗(名物寺沢貞宗)/〉
ページトップへ