染付蘆雁図皿 そめつけろがんずさら

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・17世紀
高2.5 口径20.0 底径7.1
1枚

初期の染付磁器は、景徳鎮窯の古染付に様式を倣うものが多いが、このような蘆雁図は類品を見つけることができない。二羽の雁が鳴き交わす風情には晩秋の寂しい情緒が表れ、抒情的な作品となっている。素地が素焼していないため白磁の釉薬も柔らかく、さらに抒情味を高めている。

作品所在地の地図

関連リンク

染付蘆雁図皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付吹墨白鷺図皿
染付吹墨月兎図皿
染付岩鹿水禽文輪花鉢
染付雲龍文鉢
染付雲龍文鉢

伊万里

染付独釣図皿
染付独釣図皿

伊万里

ページトップへ