文化遺産オンライン

書状

しょじょう

作品概要

書状

しょじょう

伝小野通女筆

安土桃山~江戸時代 16~17世紀

紙本墨書

縦31.1 横46.3

1幅

豊臣家周辺に仕え、書画に秀でたことで知られる小野通女(お通)が記したと伝えられる書状。「かゝふせん」宛のもの。
通女が描いたもの、あるいは着賛したものは現存するが、通女の書状は現在のところ見当たらない。通女の書は、繊細かつ鋭い筆致で、連綿が長く美しいことが特徴で、その書流は後世に「お通流」とされた。本品には差出人の名が記されていないため、通女の書である確証はないが、本品は細く鋭い筆致で、連綿の線が長く、上記の特徴を備えている。

書状をもっと見る

伝小野通女筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

書状 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索