文化遺産オンライン

知恩院納骨堂

ちおいんのうこつどう

作品概要

知恩院納骨堂

ちおいんのうこつどう

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿

京都府

昭和前/1930

木造平屋建、瓦葺、建築面積27㎡

1棟

京都府京都市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町442

登録年月日:20211014

登録有形文化財(建造物)

御影堂南東の高台に建つ方一間の裳階付である。屋根は宝形造の本瓦葺とする。壇上積基壇に建ち、四手先で軽快な軒を受ける。内部は四半瓦敷で、螺鈿細工の須弥壇を据え、内部彩色は紙上に施す。設計は阪谷良之進。古典理解に基づく造形は近代仏堂の佳品。

知恩院納骨堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

京都 / / 東山 /

関連作品

チェックした関連作品の検索