文化遺産オンライン

馬形埴輪

うまがたはにわ

概要

馬形埴輪

うまがたはにわ

考古資料 / 古墳 / 埼玉県

出土地:埼玉県熊谷市上中条出土

古墳時代・6世紀

土製

高87.5㎝ 幅101.5㎝ 奥行36.5㎝ 股下37.2㎝

1個

重要文化財

5世紀後半から6世紀にかけて、馬の普及と共に、馬形埴輪も作られました。この馬形埴輪は、6個の鈴をつけた鏡板+かがみいた+を伴う轡+くつわ+をつけ、胸繋+むながい+には4つの馬鐸+ばたく+をさげ、尻繋+しりがい+には3方向に三鈴杏葉+ぎょうよう+をつけています。古墳時代の飾り馬の様子を知ることができる貴重な資料です。

馬形埴輪をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / 鏡板 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索