馬形埴輪 うまがたはにわ

考古資料  土器・土製品類 / 古墳 / 日本  関東  群馬県 

古墳時代後期
長80.0cm 高80.0cm
1点
群馬県群馬郡箕郷町 

口にf字形鏡板の付いた轡[クツワ]をつけ、腰に鈴杏葉[ギョウヨウ]と馬鐸、尻には雲珠[ウズ]や杏葉を付け、たてがみを切りそろえた飾馬である。障泥[アオリ]のついた鞍橋[クラボネ]の高い鞍と輪鐙[ワアブミ]を装着する。鞍の敷物は盛り上がり、皮の質感を刺突文で表現している。馬の目は丸くあけられ、下顎を写実的に表現している。群馬県箕郷町地内の古墳から出土したとの伝来を持つ埴輪馬である。

作品所在地の地図

関連リンク

馬形埴輪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

馬形埴輪
馬形埴輪

伝茨城県出土

心葉形杏葉
宮垣外遺跡 土坑64出土品
弁財古墳 杏葉
馬形容器
ページトップへ