埴輪 馬

考古資料 / 古墳 / 群馬県 

出土地:群馬県大泉町出土
古墳時代・6世紀
高 83㎝ 幅24㎝ 長85㎝ 重量24.2kg
1個

古墳時代に大陸から日本列島に乗馬の風習が伝わると、古墳でとりおこなう埴輪祭祀にも馬がみられるようになる。馬形埴輪には、乗馬のための馬具を装着した状態のものも多くみられ、遺跡から出土する馬具の本来の使われ方をうかがうことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

埴輪 馬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅装f字形鏡板付轡
埴輪 馬
埴輪 踊る人々
埴輪 盛装の男子
埴輪 挂甲の武人
ページトップへ