頭椎 かぶつち

考古資料 / 古墳 / 茨城県 

出土地:伝茨城県稲敷市幸田出土
6世紀 古墳時代
金銅製
1:長10.3 高7.4 奥行3.9 2:長9.9 高7.3 奥行4.7
1頭

頭椎とは古墳時代後期に登場する倭装大刀を構成する柄頭の装飾で、6世紀後半から7世紀にかけて盛行する。鋳造して成形した後に合わせ目部分が外れたものである。頭椎中央には1つの孔があり、管状の金具を貫通させていたが現在は破損している。鍍金が著しく剥落しており、銅の地金が見える部分が多い。

作品所在地の地図

関連リンク

頭椎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雲珠
双龍環頭大刀
頭椎大刀
二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀附二子塚古墳横穴式石室内出土遺物
頭椎大刀柄頭
ページトップへ