Bowl with Handle Snow-covered bamboo design in iron pigment

Details

Bowl with Handle Snow-covered bamboo design in iron pigment

ceramics / Edo / Meiji

Mushiage ware

Edo period-Meiji era, 19th century

総高16.5

1口

Inscriptions: 「虫明」銹絵銘

 岡山県の虫明(むしあげ)では、江戸中期から陶磁器を作っており、19世紀には京都から陶工を招いて発展した。このスタイルの手鉢は尾形乾山が創始したもの。銹絵(鉄絵)のうえに白い釉薬を飛び散らせ、雪をかぶる笹をあらわす。持ち手を竹の節の形にするのも見どころ。

Related Works

Search items related to work chosen