人体解剖模型 じんたいかいぼうもけい

彫刻 / 江戸 

江戸時代・19世紀
木造
1躯
1躯

江戸時代後期、整骨医の指導で、木製の人体骨格模型が製作された。大坂の整骨医・各務文献【かがみぶんけん】(1765~1829)による原寸大の全身骨格型などが代表作である。本模型は、骨格だけでなく胃・脾・腸・腎・膀胱をはじめ、隔膜・脈管なども含まれている点で、類例が少ない。(高橋裕次氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

人体解剖模型チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅人形
銅人形

岩田伝兵衛作

銅人形
銅人形
銅人形

康野忠房作

鍼灸秘伝書
天昭丸
天昭丸

天野三吉

ページトップへ