文化遺産オンライン

青磁象嵌梅竹蒲柳水禽文瓶

せいじぞうがんばいちくほりゅうすいきんもんへい

作品概要

青磁象嵌梅竹蒲柳水禽文瓶

せいじぞうがんばいちくほりゅうすいきんもんへい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

高麗時代・12~13世紀

陶製

高34.2 口径5.9 底径13.2 重2550

1口

口が小さく、肩が張り、裾に向かってすぼまるこの器形は梅瓶(メイピン)と呼ばれます。象嵌(ぞうがん)技法で胴の3面に梅と竹、柳、蒲の図がのびやかにあらわされ、間に水鳥が配されています。波は線彫りで表現されています。静謐な画面の中に繊細な情感が盛り込まれています。(20070904_t102)

青磁象嵌梅竹蒲柳水禽文瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高麗 / 象嵌 / Goryeo / 青磁

関連作品

チェックした関連作品の検索