文化遺産オンライン

山口蓬春記念館(旧山口蓬春邸)画室

やまぐちほうしゅんきねんかん(きゅうやまぐちほうしゅんてい)がしつ

概要

山口蓬春記念館(旧山口蓬春邸)画室

やまぐちほうしゅんきねんかん(きゅうやまぐちほうしゅんてい)がしつ

住居建築 / 昭和以降 / 関東 / 神奈川県

神奈川県

昭和中/1953

木造平屋建、瓦葺、建築面積63㎡

1棟

神奈川県三浦郡葉山町一色字三ケ岡2320-1他

登録年月日:20230227

登録有形文化財(建造物)

主屋西に位置する画室。設計は吉田五十八。切妻造桟瓦葺の起屋根で周囲に銅板庇を付す。室内は大壁とし細かな線を排除し、床を一段下げた南のベランダ境には天井高いっぱいの引込み障子を建てる。蓬春と大学同窓の吉田五十八との共作による近代数寄屋の画室。

関連作品

チェックした関連作品の検索