文化遺産オンライン

海獣葡萄鏡(伝坂本龍馬使用)

カイジュウブドウキョウ(デンサカモトリョウマシヨウ)

作品概要

海獣葡萄鏡(伝坂本龍馬使用)

カイジュウブドウキョウ(デンサカモトリョウマシヨウ)

歴史資料/書跡・典籍/古文書

1面

龍馬使用と伝える青銅鏡。もと近江屋井口新助の妻スミの鏡を近江屋滞在中の龍馬が借りて使っていたと伝わる。 鏡式は唐代の海獣葡萄鏡であるが、銅質が黄味を帯びており、原鏡よりやや縮んでいることから、 明清代の踏みかえし鏡かと推定される。 明治三十九年の「坂本・中岡両士四十年祭」に出品展示され、絵葉書も作られた。箱書は「阪本龍馬御鏡」である。

海獣葡萄鏡(伝坂本龍馬使用)をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

坂本 / / / 手紙

関連作品

チェックした関連作品の検索