坂本龍馬・海援隊士書簡類 サカモトリョウマ・カイエンタイシショカンルイ

その他の画像全4枚中4枚表示

歴史資料 

1巻

平成十二年に京都府向日市の井口新助氏から京都国立博物館に寄贈された一巻。 冒頭に慶応三年五月二十八日付のおりょう宛の龍馬書簡が貼られている。 龍馬は妻おりょうにも多くの手紙を書いたはずだが、現存するのはこの一通のみ。 イロハ丸事件の交渉のこと、後藤象二郎と上京予定であることなどを下関のおりょうに知らせている。 明治はじめに京都に戻ったおりょうがこの近江屋の井口新助方に一時期滞在していたことを示すもの。 その余の書簡は慶応四年前半頃の海援隊士書簡類。長岡謙吉書簡ほか陸奥宗光の借用証など。

作品所在地の地図

関連リンク

坂本龍馬・海援隊士書簡類チェックした作品をもとに関連する作品を探す

血染懸軸(梅椿画)
坂本龍馬関係書状 慶応三年六月二十四日 乙女、おやべあて
坂本龍馬遺墨及坂本家先祖書並系図
坂本龍馬関係資料 坂本龍馬遭難通知状写
坂本龍馬関係書状 慶応元年九月九日 坂本乙女、おやべあて
ページトップへ