坂本龍馬関係資料 伏見寺田屋ノ変ヲ龍馬ヨリ郷里ヘ通知ノ写 サカモトリョウマカンケイシリョウ フシミテラダヤノヘンヲリョウマヨリキョウリヘツウチノウツシ

その他の画像全5枚中5枚表示

歴史資料 

1紙
重要文化財

写真下段の文書。龍馬書簡の写。慶応二年十二月四日にはあの霧島山登山図を含む手紙を姉乙女に書いたが、同じ日に兄権平および家族一同宛にも長い手紙を書いた。現存はしないがこのような写が残る。この記録はその手紙の一部であるが、慶応二年正月二十三日深夜(二十四日未明)に伏見寺田屋で奉行所の捕吏に襲われた様子を詳細に記述した部分である。龍馬が詳しく書いてくれたおかげでその夜になにが起きたのか、現在の我々にもよく分かる。龍馬の文章力の高さを知ることのできる一文。

作品所在地の地図

関連リンク

坂本龍馬関係資料 伏見寺田屋ノ変ヲ龍馬ヨリ郷里ヘ通知ノ写チェックした作品をもとに関連する作品を探す

坂本龍馬関係書状 慶応二年十二月四日 坂本乙女あて
坂本龍馬関係書状 慶応元年九月九日 坂本乙女、おやべあて
坂本龍馬関係書状 慶応二年二月二十二日 木戸孝允より龍馬あて
坂本龍馬関係資料 坂本龍馬遭難通知状写
坂本龍馬関係書状 慶応三年十月九日 坂本権平あて
ページトップへ