円窓付壺 まるまどつきつぼ

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 弥生 / 愛知県 

出土地:愛知県名古屋市 熱田貝塚出土
弥生時代(中期)・前2~前1世紀
1個

弥生時代には煮炊き用の甕、貯蔵用の壺、盛り付け用の高坏と用途別の土器が作られた。弥生時代中期後葉の東海地方では、壺や甕の胴部に大きな円い孔をもつ円窓付土器+まるまどつきどき+が分布する。これらは煮炊きや貯蔵には不向きなため、儀礼のために作られたと考えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

円窓付壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高坏
高坏
壺

台付壺
顔面付壺形土器
ページトップへ