日月山水双鳥鏡 ニチゲツサンスイソウチョウキョウ

金工 

縁高:0.7cm 縁幅:0.2cm
1面

このころの新しい擬漢式鏡の鋳型が京都の左京六条三坊七町で出土し(定森秀夫他1995)、八条院町終息後の鏡工房の一端が明らかになっている。

作品所在地の地図

関連リンク

日月山水双鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日月山水双鳥鏡
菊花双鳥鏡
草花双鳥鏡
鶴丸紋散方鏡
桜花山吹双鳥鏡(線刻男神鏡像)
ページトップへ