文化遺産オンライン

乍恐奉書上候(安明寺由緒之義)

おそれながらかきあげたてまつりそうろう(あんみょうじゆいしょのぎ)

作品概要

乍恐奉書上候(安明寺由緒之義)

おそれながらかきあげたてまつりそうろう(あんみょうじゆいしょのぎ)

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 文書・書籍 / 明治 / 大阪府

右村年寄長谷川孫次郎、庄屋長谷川為治郎

松原市、河内国丹北郡城連寺村

明治4年/1871

紙本墨書・竪帳

縦24.6cm×横17.2cm

1冊

大阪府松原市

まつばらいろはかるた関連文化財:k05-本尊は 楠木守る 聖観音

未指定

明治4年(1871)に堺県に提出された安明寺の由緒書。二次資料ではあるが、近世以前の城連寺村の姿を知るうえで参考となる。冊子見開き幅約32cm。

関連作品

チェックした関連作品の検索