文化遺産オンライン

梅松院梵鐘御取調上帳

ばいしょういんぼんしょうおとりしらべあげちょう

作品概要

梅松院梵鐘御取調上帳

ばいしょういんぼんしょうおとりしらべあげちょう

文書・書籍 / 江戸 / 大阪府

多羅尾久右衛門当分御預り所、河刕丹北郡三宅本郷、真言宗無本寺、梅松院、看住慈門

松原市、河内国丹北郡三宅村

安政3年/1856

紙本墨書・竪帳

縦28.2cm×横20cm

1冊

大阪府松原市

まつばらいろはかるた関連文化財:k20-願いごと かなえてほしき 天神様

未指定

屯倉神社境内の神宮寺にあった鐘撞堂の梵鐘について差し出したもの。梵鐘の法量や銘文について記されている。近世の神宮寺の姿を知るうえで参考となるものである。冊子の見開き幅は35.5cm。

関連作品

チェックした関連作品の検索