狩野探幽像 カノウタンユウゾウ

絵画 

縦:65.8cm 横:48.2cm
1幅
重要文化財

狩野探幽(1602~74)は永徳の孫。はじめて江戸幕府の御用絵師となった人。 この肖像は、探幽の門人桃田柳栄の筆と伝え、江戸鍛冶橋狩野(かじばしかのう)に伝来し、文化三年(1806)に焼失した探幽像の草稿といわれている。

作品所在地の地図

関連リンク

狩野探幽像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色狩野探幽像〈(伝桃田柳栄筆)/〉
探幽ほか写し
達磨・布袋・朝陽図
達磨・布袋・朝陽図

狩野探幽/清厳宗渭

紙本金地著色四季松図〈狩野探幽筆/六曲屏風〉
松図襖
松図襖

狩野尚信

ページトップへ