釈迦堂春景図屏風 シャカドウシュンケイズビョウブ

絵画 

縦:126.7cm 横:175.6cm
2曲1隻

京都の西、天龍寺や大覚寺、二尊院などが建ち並ぶ中にあって偉容を誇る清凉寺は、中国からもたらされた釈迦像を本尊とし、一般には「嵯峨の釈迦堂」の名で親しまれた。画風から見て、永徳の父である狩野松栄直信の手になるものと確言できる。

作品所在地の地図

関連リンク

釈迦堂春景図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画仙人高士図〈/六曲屏風〉
舞楽図屏風
舞楽図屏風

狩野永岳筆

仙人高士図
紙本金地著色並笛図 六曲屏風  一隻 
雁図屏風
雁図屏風

狩野岑信

ページトップへ