文化遺産オンライン

柿の蔕茶碗 銘 唐衣

かき へたちゃわん   からごろも

作品概要

柿の蔕茶碗 銘 唐衣

かき へたちゃわん   からごろも

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・16~17世紀

高6.4 口径14.9 高台径5.7

1口

濃い茶褐色を帯びた胎で、低めの高台から丸みを帯びて浅くひらいて立つ碗。口は大きく歪んでいます。伏せてみると分かるように、高台から腰折れ部分にかけて大きく削られており、そこから「柿の蔕」の名がついたと考えられています。

柿の蔕茶碗 銘 唐衣をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

高台 / 茶碗 / 朝鮮 / Joseon

関連作品

チェックした関連作品の検索