Tea Bowl Mishima type

Details

Tea Bowl Mishima type

ceramics / Chosun

Place of production:Korea

Joseon dynasty, 16th century

Ceramic

高4.4 口径15.2 高台径5.7

1口

日本で茶碗として見立てられた作品。茶人としても知られる実業家松永安左エ門(耳庵)寄贈品です。内面に印刻された連続文様があたかも古暦のように見えることから、暦手(こよみで)とも呼ばれます。素地が柔らかいため、長年の使用痕が染みとなっています。

Related Works

Search items related to work chosen