文化遺産オンライン

雨漏堅手茶碗

あまもりかたでちゃわん

作品概要

雨漏堅手茶碗

あまもりかたでちゃわん

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・16世紀

高6.8 口径13.4 高台径5.6

1口

やや低めの高台から丸みをもって立ち上がった形で、底が厚く小ぶりながらずっしりとした重みがあります。白磁胎の高麗茶碗を「堅手」といい、なかでもこの碗のように使用痕の染みが景色となったものを「雨漏+あまもり+堅手」と呼んでいます。

雨漏堅手茶碗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

茶碗 / 高台 / 漏る / 朝鮮

関連作品

チェックした関連作品の検索