職人絵尽し 模本 しょくにんえつくし もほん

その他の画像全6枚中6枚表示

文書・書籍 / 江戸 

江戸時代
縦27.1㎝×横38.45㎝
1帖

中世後期の職人を題材とした『七十一番職人歌合』から職人の絵姿だけを模写し、折帖にしたもので、中世の様々な職人の姿や、その製品、道具を知る上で貴重な資料である。全部で95種の職人の絵姿が収められており、その図像等から狩野養信・雅信親子が弘化3年(1847)に写した東京国立博物館所蔵の『七十一番職人歌合絵巻模本』又はそれに近い写本から転写されたものとみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

職人絵尽し 模本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七十一番職人歌合
七十一番職人歌合

野田 藤八郎

職人歌合絵断簡
応永舞楽図巻(模本)
時代不同歌合絵断簡(中務卿具平親王・愚詠)
横須賀の職人道具
ページトップへ