職人歌合絵断簡 ショクニンウタアワセエダンカン

絵画 

縦:24.7cm 横:33cm
1幅

職人歌合絵は、多彩な職人を組み合わせて歌合の形にしたもので、建保二年(一二一四)に東北院で行われたという設定の五番本をはじめとしていくつかの種類がある。この断簡は、職人の組み合わせから、十二番本の断簡と知られる。御子の表情の古様で繊細な描写、衣の線描の暢達した筆法などから鎌倉後期の制作と見られ、職人歌合絵の最古の遺品として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

職人歌合絵断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原兼輔像(時代不同歌合絵断簡)
時代不同歌合絵巻断簡
時代不同歌合絵断簡(中務卿具平親王・愚詠)
職人絵尽し 模本
東北院職人歌合絵巻
ページトップへ