東北院職人歌合絵巻 とうほくいんしょくにんうたあわせえまき

その他の画像全13枚中13枚表示

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
紙本着色
29.1x544.5
1巻
重要文化財

総勢10名の職人たちを左右に番い、経師を判者として月と恋を題に和歌を詠み競わせた職人歌合絵の現存最古作。伏見宮貞成親王(ふしみのみやさだふさしんのう)(1372~1456)筆とされる奥書によれば、花園院(はなぞのいん)(1297~1348)周辺で制作されたという。もとは京都の門跡寺院曼殊院(まんしゅいん)に伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

東北院職人歌合絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

元久元年北野宮歌合
職人歌合絵断簡
七十一番職人歌合
七十一番職人歌合

野田 藤八郎

経平大弐家歌合
経平大弐家歌合

伝藤原俊忠筆

門葉記(寺領目録)
門葉記(寺領目録)

尊円親王筆、銘文は尊純親王筆

ページトップへ