文化遺産オンライン

トレビの泉図蒔絵プラーク

いずみずまきえ

作品概要

トレビの泉図蒔絵プラーク

いずみずまきえ

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

縦37.0 横53.5 厚0.8 金具長3.6

1面

18世紀末から19世紀初頭頃、長崎の出島に滞在したオランダ人の注文によって制作されたプラーク(飾り額)の典型作。上辺に吊り金具を2個付けた銅板に黒漆を塗り、精細な蒔絵によって、ローマの観光名所を描いたヨーロッパの銅版画を敷き写している。

トレビの泉図蒔絵プラークをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / プラーク / / オランダ

関連作品

チェックした関連作品の検索