文化遺産オンライン

埴輪 入母屋造家

はにわ いりもやづくりいえ

作品概要

埴輪 入母屋造家

はにわ いりもやづくりいえ

考古資料 / 古墳 / 奈良県

出土地:奈良県桜井市外山出土

古墳時代・5世紀

土製

高45 幅42 奥行28

1個

重要文化財

上屋根部が切妻、下屋根部が寄棟となった入母屋造と呼ばれる屋根の家です。切妻部には棟覆(押縁)を線刻で表現し、妻には破風板をつけ、寄棟部には四面それぞれに線刻で区画を施しています。建物の壁には入口ないし窓の表現があります。 ルビ:きりつま よせむね いりもや むねおおい おしぶち はふ 

埴輪 入母屋造家をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

埴輪 / 古墳 / Kofun / 西都

関連作品

チェックした関連作品の検索