五輪塔六字名号頭立兜 ゴリントウロクジミョウゴウズダテカブト

金工 

総高:19.5cm 前後:23.0cm 左右:20.5cm
1頭

桃山時代になり、武将が合戦の場で自らの存在を主張するため、奇抜な意匠をこらした「変り兜」が流行した。そこに、異風、奇矯のいわゆる「かぶき」の観念の高揚がうかがえる。 この兜は、時期の下がる享保年間(一七一六~三六)に、伊予(愛媛県)今治藩主松平采女正定基が(まつだいらうねめのかみさだもと)、甲冑師岩井家に制作させたもの。五輪塔形の頭立は木製一枚板で、上下に梵字を透かし、六字名号と丸に士文字の家紋を盛り上げる。定基の仏教信仰の厚さが偲ばれる。

作品所在地の地図

関連リンク

五輪塔六字名号頭立兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄地二百間筋兜
祇園会図壁掛
鉄打出金箔押唐冠形兜
縹糸威胴丸 兜・大袖付 附旗一旒
坂本龍馬・海援隊士書簡類
ページトップへ