鉄錆地銀象嵌六枚張雑賀鉢兜 かなさびじぎんぞうがんろくまいばりさいかばちかぶと

金工 / 江戸 / 和歌山県 

和歌山市
江戸時代
一頭
和歌山市湊本町3丁目2番地
和歌山市立博物館

葵先形などの切鉄(きりがね)を鉄板の継ぎ目に張り、天辺(てへん)には頭立(ずた)ての管を立てる。異国風の感を漂わせる独特な兜である。近世の甲冑書『甲製録』によると、この形式の兜を「雑賀鉢」としている。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄錆地銀象嵌六枚張雑賀鉢兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地雑賀鉢兜
鉄錆地置手拭形兜
鉄錆地四枚張大円山形兜
黒漆葵紋入鷹狩用陣笠(夏用)
鉄地二百間筋兜
ページトップへ