鉄錆地四枚張大円山形兜 てつさびじよんまいばりだいえんざんなりかぶと

工芸 

日本
江戸時代中期
1

兜鉢の矧ぎ方は、4枚の鉄板を互いに接してその面に筋鉄を重ねて矧ぎ留めたアジア大陸における兜の構成法で、天辺を伏鉢式で押さえ、四葉座で覆っている。腰巻は銀覆輪とし、檜垣の代わりに銀板で、巻雲状のものを置いている。作域は、兜鉢が異国風で珍しく資料的に貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄錆地四枚張大円山形兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄地二百間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜

(銘)早乙女家親

鉄錆地六十二間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜

(銘)常州住 早乙女家成

素懸浅葱糸威帽子形兜
鉄錆地銀象嵌六枚張雑賀鉢兜
ページトップへ