鉄地筋金象嵌桃形兜(南蛮兜) てつじすじきんぞうがんももなりかぶと(なんばんかぶと)

金工 / 安土・桃山 / 日本 

桃山時代/16世紀末~17世紀初
鉄 金象嵌
鉢高21.8㎝
1頭

ヨーロッパの兜を模して日本で制作された。鉄地を左右に張り合わせ、鉢形を桃の形に作り、中央に一条の筋を立てるなど南蛮兜の特徴をよく示している。立て筋に金象嵌、前つばに唐草文の彫金を施している。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄地筋金象嵌桃形兜(南蛮兜)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地桃形四枚矧二段眉庇南蛮兜
紫糸素懸威烏帽子形桐紋兜
鉄地二百間筋兜
鉄錆地雑賀鉢兜
鉄錆地六十二間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜

(銘)早乙女家親

ページトップへ