鉄錆地置手拭形兜 かなさびじおきてぬぐいなりかぶと

金工 / 安土・桃山 / 和歌山県 

安土桃山~江戸時代初期
一頭
和歌山市湊本町3丁目2番地
和歌山市立博物館

紀州雑賀荘に移住した春田某が製作した兜。春田は元来奈良を本拠とした甲冑師の一群である。鉢が頭に手拭を載せたような形をしているところから「置手拭形」と呼ばれる。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄錆地置手拭形兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地雑賀鉢兜
鉄錆地銀象嵌六枚張雑賀鉢兜
鉄錆地桃形四枚矧二段眉庇南蛮兜
鐔

貞命

鉄錆地六十二間筋兜
鉄錆地六十二間筋兜

(銘)早乙女家親

ページトップへ