銅鐸 どうたく

考古資料 / 弥生 

2世紀 弥生時代後期
総高110.2
1口

弥生時代の終わり頃に作られた銅鐸。最初は20cmほどの高さしかなかった銅鐸は時間と共に大形化すると共に、鳴らして使う祭器から見るための祭器へと変わっていった。この銅鐸はおよそ400年の歴史でも最末期のもので、最大規模の大きさである。江戸時代から徳川家が所蔵したものと伝えられ、現在の愛知県で出土した可能性がある。

作品所在地の地図

関連リンク

銅鐸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

袈裟襷文銅鐸
突線鈕4式銅鐸
四区袈裟襷文銅鐸
流水文銅鐸
袈裟襷文銅鐸
ページトップへ