文化遺産オンライン

銭弘俶八万四千塔

センコウシュクハチマンシセントウ

作品概要

銭弘俶八万四千塔

センコウシュクハチマンシセントウ

金工

総高:21.0cm 身高:9.5cm 基壇幅:8.0cm

1基

呉越国最後の王・銭弘俶は仏教を篤く保護し、古代インドのアショーカ王の故事にならって八万四千個もの金属製仏塔を作らせた。塔の外面には釈迦の前世の物語や尊像を鋳出し、内部には顕徳二年(九五五)の年紀と経典を吊るすための機構が備えられている。本品はさらに道光二十二年(一八四二)に誂えられた木製台が付属する。

銭弘俶八万四千塔をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 陀羅尼 /

関連作品

チェックした関連作品の検索