新板浮絵 冨士之御狩之図 しんばんうきえ ふじのおかりのず

絵画  その他 / 江戸 / 日本 

歌川豊春 (享保20年~
文政11年)
寛政年間~
文政11年頃
木版多色刷
37.0×52.0
1枚

「浮絵」の流行は浮世絵における風景表現の発展を、大きく進めたといわれている。浮絵は西洋の透視遠近法を導入して、空間の奥行きや距離感を強調した絵の総称で、前景が画面の手前に浮いたように見えることから、この名で呼ばれていた。建久9年(1193)5月に頼朝が行ったと伝えられる富士の裾野での巻狩を描く。(『浮世絵事典』画文堂、『新訂浮世絵の基礎知識』雄山閣)

作品所在地の地図

関連リンク

新板浮絵 冨士之御狩之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仮名手本忠臣蔵七段目謀酔の段
浮絵付き のぞきからくり
浮絵付き のぞきからくり

歌川豊春・北尾政美(看板絵・中ネタ)

絹本著色相州鎌倉七里浜図〈司馬江漢筆/二曲屏風〉
曽我物語 富士狩場 十番切図
浮絵芝居小屋之図
浮絵芝居小屋之図

歌川豊春筆

ページトップへ