文化遺産オンライン

母なる大地II

ははなるだいち

概要

母なる大地II

ははなるだいち

金属像 / 彫刻 / ヨーロッパ

エルンスト バルラッハ  (1870-1938年)

ばるらっはえるんすと

1921年

ブロンズ,鋳造

72.0 x 56.8 x 53.6cm

 ハンブルクとドレスデンで学ぶ。1895年-1896年にパリに滞在したが、1906年のロシア旅行は大きな影響を彼に与えた。ドイツ表現主義彫刻の代表者である。動勢を維持しつつ、素朴で重厚な量塊の形態を用いて、多くの主題を制作した。木彫、ブロンズ、陶彫を制作し、木版画や石版画にも優れた作品を残している。

母なる大地IIをもっと見る

エルンスト バルラッハをもっと見る

愛知県美術館をもっと見る

キーワード

主義 / 表現 / 影響 / 学ぶ

関連作品

チェックした関連作品の検索