織部角鉢 おりべかくばち

陶磁  工芸 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
美濃製
縦20.6cm 横20.7cm 高6.9cm
1口

茶の湯の席で懐石料理を盛るための器である。赤い部分は赤い土、緑釉のかかる部分は緑色の発色を良くするために白色の土と、異なる土をつなぎ合わせて形を作っている。織部の製品にしばしば見られる縞文と、干し柿を思わせるユーモラスな文様が伸びやかな線で描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

織部角鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

織部膳
鳴海織部向付
黒織部茶碗(冬枯)
鳴海織部向付
織部松皮菱形手鉢
ページトップへ