香良洲浜

絵画  水彩 / 明治 / 日本 

榊原一廣 (1883-1941)
さかきばらかずひろ
1906(明治39)年
水彩・紙
32.1×49.1

 明治後半から昭和初期にかけて活躍した亀山市出身の榊原一廣が描いた、郷里にほど近い伊勢湾沿岸の香良洲の浜辺の風景である。
 榊原は青年時代に京都に出て、わが国近代洋画の先覚者の一人として知られた浅井忠に師事して、浅井風の水彩作品を描いた。
 榊原の京都時代の作品は、わずか数点が残っているだけであるが、この「香良洲浜」は、彼が浅井忠の主宰する関西美術院に学んでいた一九〇六年の八月に、美術院の夏季休暇を利用して、津周辺の海岸や尾鷲地方へ制作旅行に訪れた際の成果の一つである。
 小さな漁船の並ぶ、のどかな浜辺の情景が、気負いのない素直な筆致で描写され、浅井ゆずりの穏やかな着色が施されている。さわやかな印象を与える作品である。(毛利伊知郎)

作品所在地の地図

関連リンク

香良洲浜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大台原山
大台原山

榊原一廣

大原女
大原女

浅井忠

春畝〈浅井 忠筆 一八八八年/油絵 麻布〉
八王子付近の街
曵舟
曵舟

浅井忠

ページトップへ