るりみつどり るりみつどり

油彩画 

須田国太郎 (1891(明治24)年-1961(昭和36)年)
スダ・クニタロウ
昭和31年/1956年
油彩・画布
65.0× 91.0
1面

首をもたげ、花を見つめるような鳥。重複する足や体の輪郭線が、軽快な鳥の動きを表すようです。ルリミツドリは、ホオジロ科の小鳥。中央及び南アメリカが生息地といいますから、動物園での観察をもとに描いたものでしょうか。
 京都市出身の須田国太郎(1891-1961)は、京都帝国大学で美学・美術史を学び、大学院在学中に関西美術院でデッサンを学びました。大正中期に渡欧、プラド美術館などに通いつつ、独学で研究を続けます。帰国後は、1932年の初個展を経て、独立美術協会に入会。西洋の表現様式を皮相的に摂取するのではなく、東洋の歴史や文化と融合した絵画を目指し、独自の表現を追求しました。
 この作品では、絵の具の削り落としを効果的に用いて、重層的な色彩と変化のある絵肌を獲得しています。要所に明るい色を配して、黒という色の魅力を際立たせた画面からは、油絵の具の特性を活かした造形手法とともに、東洋的な色彩への志向も感じられるようです。

作品所在地の地図

関連リンク

るりみつどりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

信楽
信楽

須田國太郎

動物
動物

丸木スマ

娘の化粧
娘の化粧

里見勝蔵

白鷺図
白鷺図

花井抱甕

花園
花園

靉 光(あいみつ)

ページトップへ