南蛮人図鏡 なんばんじんずかがみ

金工 / 安土・桃山 / 日本 

桃山~江戸時代/16世紀末~17世紀前半
径7.6㎝
1個

懐中用丸鏡の背面に、帽子を片手に持つ南蛮人と桜の花を表す。当時の日本人にとって、南蛮人は新奇ないでたちとあわせて、貿易より莫大な富をもたらす財福の神として憧れの対象であり、漆器の箱や硯箱、鏡のような伝統的工芸品にモチーフとして登場するようになった。

作品所在地の地図

関連リンク

南蛮人図鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蒔絵南蛮人洋犬文硯箱
蒔絵南蛮人洋犬文硯箱

製作者不詳/日本製

南蛮人交易図屏風
蒔絵南蛮人図文箱
蒔絵南蛮人図文箱

製作者不詳

矢ノ浦古墳出土変形獣帯鏡
花鳥文蒔絵螺鈿洋櫃
ページトップへ