文化遺産オンライン

秋景山水図

しゅうけいさんすいず

概要

秋景山水図

しゅうけいさんすいず

絵画 / 日本画 / 明治 / 日本

橋本雅邦  (1835-1908年)

はしもとがほう

1887年

紙本,墨画淡彩

60.8 x 124.8cm

 鑑画会における有力画家であった雅邦による本作品は、明治初期における新美術の創造の動きの中で制作されたもので、雅邦の画歴の中においてももっとも実験精神に富み、完成度の高いもののひとつである。雪舟らを模範とした漢画の表現法を表現の基盤に置きながら、奥行きのある三次元的な空間表現を行うことがどこまで可能かという課題がここに追求されている。この作品は、かつてボストン美術館ビゲロー・コレクションに含まれ、昭和初期に里帰りしたものである。

秋景山水図をもっと見る

橋本雅邦をもっと見る

愛知県美術館をもっと見る

キーワード

雅邦 / / 画家 / 作品

関連作品

チェックした関連作品の検索