百万塔 ひゃくまんとう

工芸  その他 / 奈良 / 日本 

奈良時代(天平宝平8年)/764年
高22
1

764(天平宝平8)年の恵美押勝の乱後に称徳天皇が滅罪と国家鎮護を願って百万基製作させ東大寺などに寄進したもので、現在法隆寺の4万5000基などが残っています。写真の右のものは塔の中に納められた版刷りのお経で世界最古の印刷物の一つと言われています。なお、多賀城廃寺跡からお経を納めた素焼きの小塔が約2700点出土していますが、百万塔と同じような目的で造られたものと思われます。

作品所在地の地図

関連リンク

百万塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

百万塔
百万塔 附無垢浄光経陀羅尼
百万塔 附無垢浄光経陀羅尼
木造百万塔
百万塔
ページトップへ