百万塔 ひゃくまんとう

歴史資料  その他 / 奈良 / 日本 

宝亀元年
高さ:21.0,口径:10.0
1基

奈良時代、恵美押勝の乱の後、称徳天皇が命じて作らせた木製の小塔。天平宝字8年(764)から宝亀元年(770)の間に製作されたもの。南都十大寺(大安寺・元興寺・弘福寺・薬師寺・四天王寺・興福寺・法隆寺・祟福寺・東大寺・西大寺)にそれぞれ十万基ずつ、合わせて百万基が納められたとされており、法隆寺のもののみが一部現存している。塔の中には陀羅尼経を印刷した紙が納められ、これは、年代の明らかな、現存する世界最古の印刷物とされている。納められている陀羅尼経は4種類、当館所蔵のものには「根本」が納められている。

作品所在地の地図

関連リンク

百万塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

百万塔 附無垢浄光経陀羅尼
百万塔 附無垢浄光経陀羅尼
百万塔
百万塔
木造百万塔
ページトップへ