建物

油彩画 

松本竣介 (1912-1948)
マツモト、シュンスケ
昭和23年/1948
油彩・板・額・1面
60.5×73.0
中央下に署名、年記
2回美術団体連合展 東京都美術館 1948

19
建物
Building1948年
油彩・麻布
60.5×73.0cm
1948年第2回美術団体速合展
1948年6月8日、急死した松本竣介の、これは絶筆である。彼の作品には、この絵のように、「透明な壁」となって目の前に立ちふさがるものが多い。それはとりあえず、閉塞した時代状況の反映とみなしうる。あるいは、そこに絵画という魔物に挑戦してやまない、日本近代の画家の悲壮な姿をみることもできるだろう。いずれにしろ、見る者の、拒絶された視線は、もうどこにも逃げ場はなく、暗黒の入口に誘なわれるばかりだ。友人だった舟越保武がいみじくもいったように、「これほどに、画家の生命の終結を思わせる絵は他にない」。じっさいこれら石造りの堅牢な建物は、いわば死の国への入ロであり、また墓標でもある。舟越はまたこうもいっている。「この絵には、私にとって特別な何かがある。現世への竣介の別れの言葉であると同時に、私に対する励ましと指標のような、竣介が私に示す最後の姿勢が偲ばれることである」。

作品所在地の地図

関連リンク

建物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

Y市の橋
Y市の橋

松本 竣介

駅

松本竣介

街

松本竣介

盛岡風景
盛岡風景

松本 竣介

建物
建物

松本竣介

ページトップへ