大般若経 巻五百九十 だいはんにゃきょうまき590

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 

平安後期/12世紀
紙本墨書
24.2×580.2
1巻
岸和田市

和泉国山直<やまだい>郷(岸和田市山直中町付近) にかつて存在した大蔵寺で書写された経典の一つ。本来、15紙から成るが、第4~第6紙と巻末の第15紙が欠落しているため、巻末に記されていたであろう書写年代と筆者名を確定できないが、奈良県五條市の満願寺に伝わる大般若経(重文)の僚本である。大蔵寺経の特徴として、各料紙の裏に宝塔の朱印が捺されている。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 岸和田市立郷土資料館

大般若経 巻五百九十チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経 巻第二百九十八 初分難聞功徳品 断簡
大般若経 巻第二十三(和銅五年長屋王願経)
大般若経 巻第九十六(魚養経)
藍紙華厳経巻第五十(泉福寺経)
大般若波羅蜜多経巻第四百八十四(小水麻呂願経)
ページトップへ